Intaro
昆明で太陽に照らされたりカモメを食べさせた りしながら、最もユニークな冬を過ごす

昆明で太陽を照らされたり、カモメに給餌することは、寒い冬で最も快適な体験の一つである。なぜというと、国内のどこでもこのような大規模で完全に自然環境に溶け込んでいるカモメ景色が見つからないからである。1985年から、毎年の冬に、昆明のテン池、翠湖で、昆明市民、観光客がユリカモメと調和的に一緒になっている場面は33年も続いてきて、「生態文明」にとって最も生き生きとした解釈ともなっている。

数年来、ユリカモメは昆明の都市名刺と冬観光景観になっている。

冬の昆明では、群れになったユリカモメが最も注目を引く風景であるが、そんな可愛いやつらを観賞する最も良い場所はどこであろうか。

埂ダム

海埂ダムはテン池の畔に位置して、雲南民族村、海埂公園と隣接している。ここでは、西山の美しい風景を眺めることができ、テン池の広大さを観ることができる。ここも、昆明の観賞、撮影、ユリカモメ給餌の主な場所である。

埂公園

冬の海埂公園では、十里土手の青木が茂っていて、速いヨットが白い波を飛び散らせていて、青い空、藍湖、青々とした芝生、新鮮な空気、ここへ冬過ごしに来たユリカモメが空や水面の上を舞い飛ぶところは、美しい光景をなしている。

翠湖公園

昆明市の中心に位置している翠湖公園は、青木が茂っていて、環境が美しくて、昆明市内の一つのエメラルドで、城中の玉という美称がある。毎年の冬や春に、翠湖観光・ユリカモメ見物は昆明人および多くの地方観光客の楽しみになり、千万羽ものユリカモメが翠湖に集まてきて、人々がかもめに給餌する場面は、春城の景観になっている。

大観公園

公園に入ると、湖中、岸、道の至る所にカモメと人の調和的場面が見える。人々は自然を愛し、カモメが好きで、毎日、不定期的な給餌がある。大観楼にはユリカモメがあるだけでなく、雲南省の重点文化財保護単位、国家AAAA級観光地、中国十大の名楼の一つでもある。

環西橋

冬の間、大観河に点在している湿地はユリカモメの楽園となるが、大観河に位置している環西橋は毎年、「人鴎共踊り」を大ヒットさせている。

 

鴎見ガイド

君がこれらのかわいいポケモンとの親密なやりとりをしたければ、カモメ給餌は絶対に見逃せないイベントである。カモメ餌については、持参している饅頭やパンを選ぶこともできれば、観光地でカモメ専用餌を購入することもできる。君はお手の中のグルメへの無視をちっとも心配する必要はない。30年ほどの人との付き合いを経て、ユリカモメはとっくに昆明と一体と融合している。カモメ餌を高く持ち上げさえすれば、何羽ものカモメを引きつけてくる。これらの食いしん坊たちは、君の前に大胆に飛んできて、ただ何回か啄むだけで、手のひらの餌が一瞬で食べきれる。

 

本文部分转载自赵正桃儿http://www.sohu.com/a/681433_100670

文章版权归原作者所有

如果侵犯了您的权益

请联系我们删除或索要稿费

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省文化と観光庁 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省文化と観光庁
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: