Intaro
プーアル茶馬古道観光地へ、ようこそ!

プーアル茶馬古道観光地は「世界茶源」とする雲南省プーアル市北部区茶马古城の背後にあり、国家AAAAA級観光地標準によって作り上げられ、敷地総面積が約5000ムー、3800キロ滇藏線茶馬古道の源に位置して、昔の茶馬古道という精神シンボルと文化高地を再現している。

水映茶馬区

壮大な思茅城関を通すと、本格にプーアル茶馬古道観光地に入る。「伝茶者」たちは波が輝いている飲馬湖の上の険しい古道を跋渉していて、剛毅、勇敢、知恵によって、努力と汗水をもって外国に通じる中華文明伝播の道を切り開いた。観光客センターに入って、ただ一枚のチケットだけで、素晴らしい探険の旅を始めることができる。

 

ケーブルカー観光エリア

茶馬古道観光地のケーブルウェイーによって、多くは繁華市街を眺め、近くは絵のような山水を見渡し、上は雲天霧海を見上げ、下は田畑山川を見下ろすことができる。茶園は連なる靑山と抱き合い、緑の水面に波が揺れ合い、重なる茶棚田は茂った林間で広がっていて、すべては人間を陶酔させ、名残惜しくて帰ることを忘れさせる。

 

古道源遡りエリア

茶馬古道は人間の千年もの貿易史を記載していて、古道沿いまたは崖は広かったり、平坦だったり、険しくて聳え立ったり、ジグザグと静かに伸びたり、林が茂ったりしている。延々と千里も続く茶馬古道で足を踏むと、唐、宋、元、明、清という五つの時代の時間トンネルを行き交い、歴史の源をさかのぼり、悠久なる古道文化を味わうことができる。

 

荷馬隊跡探しエリア

茶馬古道沿いには、宿場が立ち並んでいて、行き来する荷馬隊はここに泊まり、酒を飲みながら何でも話し合って、なんと快適だっただろう。茶馬互市では、馬蹄音がダッダッと、馬鈴がチリンチリンとして、荷馬隊の呼び声、行商人の売り声が絶えないで、非常ににぎやかだった。荷馬隊跡探しエリアは君を連れて百年を乗り越す

 

古木問茶エリア

山谷にある街は古茶の香りが漂っている。街角の茂った古道茶王に沿って、生態茶園に入り、茶摘みの楽しみを体験し、新鮮な葉茶から茶餅までの全過程を実感して、自分に属する七子餅を作って、雲南の千年も続いてきたプーアル茶文化の伝統的な製作技術と文化を伝承することができる。

 

野美湿地エリア

観光客が馬をに乗り、水草が揺れ、荷馬隊驛道がくねくねと続く、草や風がすべてしなやかで情深い。虫や鳥が鳴いたり、時々優雅な白鷺が飛び上がるやいなや、近くに降りたりしている。そっと通ろうと思ったのに、ダッダッとした馬蹄音がカモメ鷺を驚かす。本当の馬駆人をして、緑の世界を歩いて、プーアルの最も美しい春を追いかけたら、なんと素晴らしいな。

 

交通知識袋

所在地:プーアル市思茅区プーアル大道茶馬古城大道観光町東側観光環状線大橋の傍

1. バス: 3番バスに乗って蝋梅坂駅まで行き、それから茶馬古城駐車場まで歩き、最後に観光地の看板にしたがって行く。

2. ドライブ:ナビゲーションまたは観光地の交通看板にしたがって茶馬古城駐車場まで行って、駐車後に、観光地の看板にしたがって行く。

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: