Intaro
神様の住居ーー松賛林寺

シャングリラ県都から北へ遠くなく走ると、広い草原が見えます。この緑色を楽しんでいる際に、白くてそびえ立っている寺がふっと草原の突き当たり、群山の上に現れてきました。青い空の下、漂っている白雲の間、群山の間にそびえ立っているこの寺はいくらかの神聖かつ厳かな気味があります。きわめて高い所の屋根の上で金銅瓦が輝いていて、初対面の松讃林寺は「驚くほど美しい」で形容することができます。 この前、松讃林寺に特にあまり知らないで、それが雲南チベット地域最大のチベット仏教寺院で、「小さなポタラ宮」と称されていると知ったところが、「失礼」という不安がこころで湧き上がったようです。

松讃林寺は配置が独特です。全体の敷地が500ムーあり、1つの楕円形城壁を形成しています。林倉、吉康量という大主殿は中央に高くそびえ立っていますが、主寺の下の8大康参は「西蘇」、「覚夏」と取り囲んで、高さがまちまちで、立体的輪郭がはっきりして、いっそう主体建築の雄大さを際立たせています。 低い僧舎、倉庫などの小型フラット土掌屋は大きくて輝いている大寺主体建築と鮮明な照合を形成して、また、高度な調和と統一に達して、十分にチベット式建築の特徴を示しています。

この寺は非常的な歴史があります。1679年に建てられた松讃林寺は、康熙皇帝に承認され、五世ダライ阿旺洛桑嘉に自ら占われて場所を選定された寺です。五世ダライは場所を選定する時に、当地は前に聖母湖があり、後ろに卡日山があり、東の清い奶子河が全体の大中甸を横に貫き、西は釈卡雪峰と遥かに向き合っていることを見たら、「林木深幽現清泉、天降金鶩嬉其間」というように、その地理的位置は天人合一だと考えて、この地は将来、きっと衆僧が雲のように集まって来ると預言して、ここに寺を造ろうと決定したと言われています。

松讃林寺正式なものは謂が“噶の丹であると言います • 松讃林寺“、この名前は同じく松讃林寺の正式な名称は「噶丹・松讃林寺」で、五世ダライが自ら賜った名称でもあります。 「噶丹」を冠されるのは、松讃林寺とゲルク派初の寺――噶丹寺との一脈相承の関係をもはっきり示しています。1409年に、ゲルク派創始者の宗喀巴大師はラサで「祈願大法会」を創立した後、拉薩河南岸標高3800メートルの旺波日山の上で、噶丹寺を建てました。祈願大法会」の創立と噶丹寺の建築はゲルク派がチベット仏教中で正式に形成したことを示しています。寺院落成後に、宗喀巴はここに居住して、本を書き、ゲルク派教法を伝えました。 1419年に、宗喀巴は噶丹寺で亡くなりました。そのため、噶丹寺はゲルク派著名な六大寺院のトップになり、清朝の雍正皇帝は嘗て当寺に「永泰寺」という名を賜ったことがあります。「松賛林」とは天界三神の遊戯地の意味です。 東の馬崗に建てられた「拉吹」(山神台)がセラゴンパを象徴し、西に建てられた松匹林「拉吹」がデプンゴンパを象徴して、このように、ラサ三大寺と遠くから呼応し合う局面を形成しています。それから見ると、松讃林寺の建設初期の切迫な帰属心が分かりました。 実は、松讃林寺とラサの連絡は寺建設の終始を貫いていました。 当時に、チベット地方政府も役人を中甸リーダーと一緒に建築工事を担当するように派遣したと、シャングリラ地方誌でこう述べられました。松讃林寺落成後に、ラサ三大寺は何人かの高僧を中甸に行って、寺院を管理し、授業を開き、ゲルク派教義と教規を伝えるように選んで派遣しました。

群山の上に建てられた松讃林寺は外観において確かにポタラ宮にいくらか似ています。 広い正殿は同時に座禅読経者を2000人近く納めることができて、それによって仏法の弘大を示して、参拝に来る善男善女がひっきりなしに続いて、十分に盛んです。 主寺から出て、山勢に沿って下りると、立ち並んでいる僧舎を見ることができます。松讃林寺は落成から、雲南地区の重要なチベット仏教城所になってきました。七世ダライの時代に、松讃林寺は僧がもう1300人くらいまで増えたので、拡大されました。 約1750年に、乾隆帝は松讃林寺の僧の定員数が1226人とすることと詔勅を発布しました。したがって、中央政府のチベット仏教への重視が分かりました。 1800年ごろに、松讃林寺の僧が2000人あまりに達しました。それから、松讃林寺は雲南省で規模最大のチベット仏寺でもあれば、川テン一帯の黄教中心にもなっていて、全体のチベットで重要な地位を占めています。

長期にわたって、松讃林寺は地元民の心に至高無上の威信があります。 解説係は次のように述べました。当時の民家は男の子をラマ僧になるように寺内に送り込むことを栄光として、そこで、少し富裕な人家は、すべてラマ僧になった男の子がありました。 彼らと土司族長の家は一人の息子を代々血統を継ぐように残す以外に、他の息子を全部寺内に送り込みました。松讃林寺内には歴代珍品がかなり多くて、五世ダライ、七世ダライ時代の8つの金キッメ釈迦牟尼仏像、貝葉経、五色金汁は絵精唐カード、黄金および様々な綺麗なで金または銀鼎、万年灯などがあります。全体の寺には「甘珠爾」が10冊(そのうちの2冊は金汁手書)、「丹珠爾》など200冊あまり収蔵されています。

トラベルガイド
トラベルガイド
  • Copyright 2015-2016雲南省観光発展委員会 All Rights Reserved
  • 著作権の所有:雲南省観光発展委員会
  • ウェイブ管理:雲南省観光情報センター
  • 技術のサポート:雲南観光情報ネットワーク有限会社
  • 所在地:雲南省昆明市滇池路678号雲南観光ビル 郵便番号:650200
  • クレーム電話番号:96927 0871-64608315
  • お問い合わせ電話番号:0871-12301 政務についてのお問い合わせ:0871-96128
共有リンク: